*り ふ ぁ ろ ぐ*〜おうちに帰りたくなる、ごはんと家づくり〜

インスタ料理アカ出身の、りいふぁのブログ。レシピやコラムを書いていきます!

20190220004758

    Instagram
\▲Click follow me !!▲/

【再現】新大久保、韓国風パリパリチキン!衣に使うのは〇〇!



皆さんどうもこんにちふぁb (๑`・ᴗ・´๑)d⌒☆

りいふぁです。

 

SNSやYouTubeでも

取り上げられる事の多い韓国フード。

日韓関係が戦後最悪と言われるまで

拗れに拗らせてる中でも、

新大久保のコリアンタウンなどの客足は

衰える事を知りませんよね(^^;

 

伸び〜るチーズドッグに始まり、

チーズタッカルビ、チーズボール、

ホットクなどなど…

 

数えきれないくらいの

ラインナップがある中で、ある日YouTubeで

韓国チキンという物が目に止まりました。

日本のフライドチキンとは違い、

衣からバリバリ、サクサクッ!!と

お煎餅を食べてるかのような

音がするのが特徴でした。

 

このパリパリチキンの衣はきっと

アレを使っているに違いない…!

 

出来るだけあの衣に近づけるように、

実際に作ってみました!

パリパリ韓国チキン、完成品がコチラ

f:id:riipha_gophan:20190911204556j:image

まずは完成品から見て頂きましょう!

この揚がり具合、見ただけでも伝わる

衣のクリスピー感…!

お皿に置く時点で、

カランッという何か硬い音がしますw

 

仕上がりは期待した通り、

パリパリのザックザク!

ここまで完成させるのに若干多い工程を

踏まなければいけませんが、

今回は工程もサラッと紹介します!

 

パリパリ韓国チキンの作り方!

まずは揃える材料一覧です。

材料
  • 鳥もも肉
  • お好みのスパイス、塩胡椒
  • 牛乳(鶏肉が浸かる程度)
  • 薄力粉
  • 米粉
  • 揚げ油

 

韓国風チキンのザクザクの衣は、

材料の中の米粉がポイントになります!

f:id:riipha_gophan:20190916143611j:image

米粉は油の吸収が少ないので、

油を吸わずにカラッと揚がるという事。

米粉の特徴を利用して、

ザクザクパリパリの衣を作ります!

 

 

作り方の工程

①鳥肉に味つけ、牛乳に浸す

f:id:riipha_gophan:20190916143622j:image

鳥肉を手の平サイズほどの大きめに切り、

オールスパイスや粉末ガーリックなどの

好みのスパイス、塩胡椒で下味をつけます。

後でしっかりした衣がつくと

味を感じにくいので

気持ち強めにしておいてください。

味の薄いフライドチキンは

本当に美味しくないので注意!´д` ;

 

下味をつけたら、ボウルに鶏肉が

ひたひたに浸かるくらいの牛乳を入れ、

冷蔵庫で1時間ほど休ませます。

牛乳に浸ける事で、肉の繊維を分解し、

肉独特の臭みを取ります。

 

②バッター液を作る

f:id:riipha_gophan:20190916143625j:image

休ませたら鶏肉を取り出し、

残った牛乳と米粉、 薄力粉、

卵でバッター液を作ります。

米粉2:薄力粉1の割合で

米粉の方を多めに入れます。

天ぷらの衣くらいの粘度になるように。

ホットケーキのタネの粘度よりは

ちょっとゆるいくらい。

 

こちらのバッター液は、後で2回分使います!

かなり多めに作っておいてください。

牛乳が足りない場合は足して、

粘度を調整します。

牛乳を足した場合はスパイスと

胡椒も少し足しておいてください。

出来たら置いておきます。

 

③衣を作る

f:id:riipha_gophan:20190916143600j:image

次はバッター液の後にまぶす粉を作ります。

こちらも米粉2:薄力粉1の割合で混ぜ、

ここにもスパイスや塩胡椒を入れます

 

が合わさったら、

で水を何度かパッパとかけて

混ぜるを繰り返して、

粉の塊をわざと作ります!


f:id:riipha_gophan:20190916143615j:image

こんな感じです。

この塊が、揚げるとよりザクザクの

食感を作ってくれます。

 

あまり水をかけすぎると

液状になってしまうので少しずつ様子を

みながらしてください。

あくまで粉感は残してくださいね!

 

④バッター液→粉の順でつける

鶏肉を先ほど用意したバッター液→粉の衣

の順につけます。

 

粉はしっかり剥がれないよう押さえたり、

余分な粉を落とすように手のひら同士で

ポンポンはたいたりしてください!


f:id:riipha_gophan:20190916143627j:image

バッター液→粉の衣をつけ終えたのが

こんな感じです。

 

揚げ1回目・160度の温度で

f:id:riipha_gophan:20190916143603j:image

衣をつけたら160度くらいの比較的低温で

じっくりと火を通します。

ここでは鶏肉の中まで火を通す事を考えます。

 

f:id:riipha_gophan:20190916143609j:image

こんな感じで揚がりました。

まだ衣はサクサクではないです。

この後二度揚げでサクサク衣を作っていきます!

 

これを手で持てるくらいの温度に

下がるくらいまで休ませ、

もう一度バッター液→粉の衣の順でつけます。

 

単なるそのまま二度揚げではなく、

もう一度衣をつけて二度揚げする事で

しっかりとバリバリした衣を作っていきます。

 

揚げ2回目・190度の高温で一気に揚げる!

f:id:riipha_gophan:20190916143605j:image

二度目の衣をつけたら今度は190度の高温で

一気にきつね色になるまで揚げます。

最初の揚げで中まで火が通っているので

生焼けの心配は不要。

度目はとにかく高温で一気にパリッとさせます。

f:id:riipha_gophan:20190916143617j:image

きつね色になったら油から上げて、

よく油を切ります。

 

完成!

f:id:riipha_gophan:20190916151807j:image

お皿に盛り付けたら完成です!

③で作った粉のダマがいい感じに

粒々なクリスピーになりました。

 

食感はバリバリ、ザクザクで

衣はまさにお煎餅のよう…

YouTubeで聴いた韓国チキンの

あの音と同じ音がします!

 

しっかりと付いた衣は日本のフライドチキンや

唐揚げとはまた違う感じです。

 

牛乳に浸けた事による牛乳臭さなどは一切なく、

むしろそのおかげで柔らかく臭みも取れて、

中のお肉はジューシーでパリじゅわな

韓国チキンが出来ました!

 

 

補足:冷めるとマズイ

正直に言います。

 

冷めるとマズイ。

冷めるとマズイです←

(大切な事なので二回言いました)

 

揚げたてはお煎餅のような衣なので、

冷めると本当に湿気ったお煎餅みたいになります。

 

このフライドチキンは

作りおきなどには向きません。

その時に食べられる分だけの量を作りましょう!